Bell Park
  • 会社概要
  • 店舗案内
  • IR・投資家情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ
ホーム>IR・投資家情報>ディスクロージャー・ポリシー

LNG

ディスクロージャー・ポリシー

1. 基本方針

株式会社ベルパーク(以下「当社」という)は、金融商品取引法等の関係法令、当社の株式を上場している証券取引所が定める適時開示規則(以下、「適時開示規則」)及び「フェア・ディスクロージャー・ルール」に従い情報開示を正確、公平かつ適時・適切に行うことを基本方針といたします。

2. 情報開示の方法

適時開示規則に基づく開示事項に該当する情報開示は、同規則に従い、東京証券取引所が提供する「TDnet(適時開示情報伝達システム)」にて公開し、有価証券報告書等の開示書類は、金融庁が提供する「EDINET」を通じて公表します。
「TDnet」、「EDINET」に公開した情報は、速やかに当社ホームページにて掲載します。
それ以外の情報についても、適時開示の趣旨を踏まえた適切な方法で、当該情報が株主・投資家の皆様に伝達されるよう努めます。

3. IR情報の提供者

当社は、情報の正確性及び開示の公平性を確保するために、IR情報の提供は、社長、担当取締役及びIR担当者が行います。

4. フェア・ディスクロージャー・ルールに関する事項

当社は、IR情報の提供者が未公表の重要情報を取引関係者等に対して、開示した場合は、東京証券取引所の提供する「TDnet」及び当社ホームページ等を用いて速やかに当該情報を公表いたします。

5. 将来の見通しについて

当社が発表する業績予想、当社ホームページや決算説明会で配布される資料等、過去又は現在の事実に関するもの以外は、将来の業績に関する見通しであり、これらは現時点で入手可能な情報による判断及び仮定に基づいています。従って、実際の業績は、様々なリスクや不確定要素の変動及び経済情勢等によってこれらと異なる結果になる場合があります。

6. 沈黙期間

当社は、決算(四半期・通期)発表準備期間中に、株価へ影響のある情報が漏洩することを防ぎ、情報開示の公平性を確保するため、各四半期決算月の15日から当該四半期決算発表までの期間を「沈黙期間」としております。この期間は、決算に関するお問い合わせへの回答やコメント等を控えます。
ただし、その間に業績予想を大きく修正する見込みとなった場合は、「適時開示規則」等に基づき、速やかに開示いたします。なお、沈黙期間であっても、既に公表されている情報に関する照会等については対応することといたします。

7. インサイダー取引の未然防止

当社は、当社グループの重要事実を適切に管理しインサイダー取引の未然防止を図るため、インサイダー取引防止規程を設けております。さらにインサイダー情報管理に関し運用を徹底するべく、役職員の教育にも注力しております。 

8. 株主の皆様との建設的な対話を促進するための主な取り組み

当社のIR活動は、IR情報の提供者が中心となり主に以下の活動を行っております。なお、対話を通じていただきましたご意見等は、経営陣を含む社内関係者で共有し、企業価値の向上に向けた会社経営の参考とさせていただきます。
・株主総会(年1回)
・機関投資家・アナリスト向け決算説明会の開催(年2回)
・決算発表後のスモールミーティング
・ビジネスレポートの発行(年2回)
・投資家インタビュー、取材対応(随時)
・当社ウェブサイトを通じた各種リリース情報の提供
上記以外にも、必要に応じ様々な手段・方策を通じて、株主・投資家の皆様との建設的な対話を行います。


  • Apple Premium Reseller B-PARK+
  • Shared Research
  • ベルパークとは
  • namd
  • ソフトバンク・au・Y!mobileの携帯ショップ検索ならNaviSmart
  • 素敵な未来をカタチにする東京の結婚相談所 ベルブライド
  • 株式会社ベルパーク法人営業部
ページトップへ
Copyright© 2000- Bell-Park Co.,Ltd. All rights reserved