Bell Park
  • 会社概要
  • 店舗案内
  • IR・投資家情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ
ホーム>IR・投資家情報>3分で分かるベルパーク>キャリアショップ運営のビジネスモデル

LNG

キャリアショップ運営のビジネスモデル

携帯電話業界は、メーカーが携帯電話端末を作り、通信キャリア(移動体通信事業者)が料金プランやネットワークインフラを整備し、販売代理店がお客様の接点となるというように、それぞれ役割が分かれています。通信キャリアのブランド名を冠したドコモショップ、auショップ、ソフトバンクショップ等のキャリアショップは今やどこの町にも溢れていますが、通信キャリアが直接運営するケースはごくわずかで、ほとんどの場合は当社のような販売代理店によって運営されています。





主な収益

① 販売手数料
端末は仕入価格を下回る金額で販売され、販売手数料によって利益が出るビジネスモデルとなっています。販売手数料は販売内容(新規か機種変更か)、サービスプランによって変動します。
     

② 継続手数料
ストック型の手数料として、当社で販売したお客様の月額通信料から数%の手数料をいただいています。長期にわたってご利用いただけるユーザーが多いほど継続手数料は積み上がります。 
     
③ アフターサービス手数料
店頭でのサービスプラン変更や故障対応などのアフターサポートに対する手数料をいただいています。お客様に最適なプランを提案し、選ばれるお店づくりをすることが重要になります。
 
④ 各種支援金
店舗運営活動やショップスタッフに対する支援金をいただいています。販売パーフォマンスやお客様満足度によって変動します。
     
  • B-PARK+
  • CASE CAFE(ケースカフェ)
  • Shared Research
  • ベルパークとは
  • smartaid
  • iPhoneのお悩み解決します スマホレスキュー
  • namd
  • 素敵な未来をカタチにする東京の結婚相談所 ベルブライド
ページトップへ